トイレ照明+換気扇同時操作スイッチ交換

『壊れたと言うべきか?壊したと言うべきか?』大阪市浪速区のお客様よりトイレの照明スイッチ修理のご依頼いただきました。

部材確認のため送って下さった画像を見てこのような表現になってしまいました。スンマセン(苦笑)

症状としてはスイッチが固まってしまいON/OFF出来ず照明も換気扇も点灯しないため、お客様の友人が修理を試みたところこのような状態になってしまったとのことです。

取付枠の爪が折れている状況から推測するとスイッチの取外し方法が分からず力ずくでこじたのが原因ではないかと思います。

今ついているのが1個のスイッチで照明と換気扇を同時に点灯させてOFFにすると照明が消えてから3分後に換気扇が自動で切れる動作ですが、部材がすぐには間に合いません。

換気扇の遅れ消灯機能が必要でなければ一般的な片切スイッチに交換すると照明と換気扇が同時に点いてOFFにすると同時に消える動作になります。

この動作では使い勝手が悪いとのことでしたので照明と換気扇のスイッチを分けて個別に動作するように交換しています。

エコサポートにご依頼下さり誠にありがとうございました。

施工地域:大阪市浪速区H様邸【賃貸マンション】
工事内容:トイレ照明+換気扇同時操作スイッチ交換
故障品番:東芝 型番不明
交換機種:パナソニック  ワイドスイッチ

 

フルカラースイッチ取付枠破損箇所

トイレ照明と換気扇を同時に点けていたスイッチを力ずくで外したと思いますが、取付枠の引掛け部分が破損してこのような状態になっていました。

 

フルカラースイッチ元の取付け位置

本来は、真ん中の位置に取り付いていた部材です。

 

スイッチ部材取外し

壊れたスイッチから電源線を切り離します。

 

ワイドスイッチ取付け

以前はスイッチ1個でトイレ照明と換気扇が同時に点いていましたが、今回はスイッチを2個にして照明と換気扇を個別に操作できるようにしています。

 

スイッチハンドル取付け

通常は換気扇が回っていることを赤いランプで表示させるパイロットランプを取付けるところですが、ランプ表示はいらないとのことでしたので表示なしのスイッチに交換しています。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ