三相200V動力工事 / 低圧電力設備の専門店

工場、商店、飲食店、事務所などで使われている溶接機、コンプレッサー、ファン、ポンプ、フォークリフトの充電、プレハプ冷蔵庫、業務用オーブン、ショーケース、業務用エアコンなど機器の多くは動力3相200V電源で動かしています。

これらの動力機械は電気容量も大きく長時間使うため料金単価が安価で1Kwhあたり13.37円~14.82円(季節により変動)で使えるのが大きなメリットですが、その変わり使用する全ての機器台数と電気容量を算出して1Kwあたり1058.40円で電力会社と契約を結び基本料金が決定するシステムが低圧電力の特徴です。平たく言うと一旦契約した機械が稼働していてもいなくても基本料金はかかると言うことです。

例えば最近、使わなくなった動力機械が仮に一部あったとしても新たに減設申請の手続きをして契約変更を行わない限り自動的には基本料金が下がらないというデメリットがあります。

このような契約電力のシステムを細かく知らずに低圧電力設備をお使いになり契約電力以上の基本料金を払い続けているお客樣が驚くほど多くいらしゃいます。

契約電力を見直して年間45万円削減できた事例!

すでに動力設備をお使いのお客樣は正しく基本料金の契約が成されているか否かを把握することが最も重要なポイントです。

エコサポートでは工場、倉庫、商業店舗への低圧電力引込み工事、既存電気設備の動力ブレーカー増設工事、居抜き物件などの電力申請、契約料金の見直し(低圧電力設備の減設工事)を含め三相200Vの動力設備をはじめてお使いいただく方にも分かりやすく契約料金の説明を行い業種に沿ったムダのないお客様にメリットのあるベストな方法で電気設備をご提案させていただいておりますので是非、第1種電気工事士にご相談下さい。

 

(ワンポイントアドバイス)

契約には電気容量と機械の台数で決める負荷契約とブレーカーのアンペアで決めるブレーカー契約の二通りあります。頻繁には使わないけど仕事に必要な不特定多数の機械を使われたいのであればブレーカー契約の方をお勧めします。

特に業務用エアコン、プレハブ冷蔵庫の冷凍機などは、同じ馬力数(HP)であっても現在の機器は電気容量が小さくなっているため契約金額が下がる可能性がありますので交換される場合は機器の負荷容量を必ずご確認下さい。

現場ごとに条件も工事も異なりますが低圧電力引込み工事の施工事例をご参考下さいませ。

 

動力分電盤-幹線改修工事

三相200V動力幹線改修事例

3相200v動力引込工事

プレハブ冷蔵庫動力事例

3相200V動力引込工事

電灯・動力3相200V引込事例

工事内容 基本料金
(税込)
 こんな動力工事のとき
低圧電力申請費  ¥27,000円~  

居抜き店舗の動力設備をそのまま使いたいので電力申請だけしてほしい。(内容・容量により金額が異なります)
※現地調査費用は別途

 

動力減設工事  要見積  

動力機器が減っているのに基本料金が変わらない。

基本料金がもっと安くならないのか相談したい。

 

動力ブレーカー増設  要見積  

新たに動力機器を購入たけど3Φ200Vのブレーカーとコンセントが足りない。

 

 動力引き込み工事  要見積  

3相200Vの動力機器を動かしたいのに動力設備が無いので使えるようにするのに引き込み工事が必要。

 

業務用空調工事
(入替え・新設)
 要見積  

エアコンの調子が悪く動かなくなった。

エアコンの電気代が高いので電気代が安い機器に取替えたい。

 

●お使いになられる予定の機器名称、メーカー名、型番、電気容量の機器詳細等打ち合わせ時にご用意頂けると幸甚です。

●大阪府下の全エリア対応!お見積り、現場調査はお任せ下さい。

 

検相器

三相200Vモーターは相順が違うと逆回転する
ため検相器を使って三相交流の相順を測り正転
逆転の検査を行う検相器です。

絶縁抵抗計2

新しく入線した電線から電気が漏れていないか
絶縁抵抗を測定する絶縁抵抗計です。

 

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ