介護福祉施設さんの浴室換気乾燥機交換

大阪市大正区の介護福祉施設様より浴室換気乾燥機2箇所交換のご依頼をいただきました。

1箇所目は衣類乾燥の際に焼けた焦げたニオイがしているのに気づかれ使用を中断しているとのことでしたので、確認したところヒーターの温風でフロントパネルの裏側が少し焼けていたのが原因のようです。

一般家庭ですと衣類量を4Kg程度として6~8時間の稼働で乾燥させることが出来ますが、衣類乾燥機と併用しても洗濯物の多さに追いつかないため入浴以外は浴室換気乾燥機をほぼ休み無しで動かしていることです。

あと本体に接続している電源線が電流の熱で被覆が焼けている箇所があり、過酷な使用が原因であることは否めない状態です。

今回、取替える浴室換気乾燥機はヒーター部分が開閉ルーバーになっているため以前の機種のように本体からの温風が直接フロントパネル裏側にあたることが、かなり軽減されるのと不具合箇所の電源線をジョイント部分から本体までVVF2.0-2C(少し太い電線)に改修しており、今後は安心安全にお使いいただけると思います

2箇所目はヒーターが弱くなり衣類乾燥が出来ないとのことでしたが、こちらも過酷な使用が原因で本体の寿命がきたようです。

浴室換気乾燥機を少しでも長く使うには、毎月1回エアーフィルターの清掃と7~8時間おきに30分ほどを休ませるだけで随分違うとアドバイスさせていただきました。

試運転完了後、すぐに衣類乾燥を開始されたのには驚きましたが必要不可欠であることは間違いないようです(苦笑)

エコサポートにご依頼下さり誠にありがとうございました。

施工地域:大阪市大正区【グループホーム / 介護福祉施設様】
工事内容:浴室換気乾燥機2箇所交換
故障品番:パナソニック GVL5300A (100V) / GVL5310A (200V)
交換機種:Panasonic FY-13UG6V (100V) 浴室換気乾燥機 定価¥106,920円(税込)
交換機種:Panasonic FY-22UG6V (200V) 浴室換気乾燥機 定価¥165,240円(税込)

 

パナソニックGVL5300A浴室換気乾燥機

焦げた臭いがして火災が怖く使用を中断しているパナソニックGVL5300A(100V仕様)のバス換気乾燥機です。右側ヒーターの加熱で密着しているフロントパネルの裏側が少し焼けたのが焦げ臭いニオイの原因のようです。

 

パナソニックGVL5300A本体

右側がヒーター部分(加熱する部分)ですが、このタイプのフロントパネル確認すると多少なりとも裏側が焼けているケースを見かけますが、やはり焦げ臭いとビックリされると思います。

 

浴室換気乾燥機電源線の焼け跡

天井裏で本体の電源線を外すと本来、白色のビニル被覆が過電流で黒色に変化していました。

 

電源電線の不具合

外装被覆を剥いて確認すると色の変化が確認できます。フロントパネル裏が焦げていた臭いとは関係ありませんが、中断せず浴室換気乾燥機を使用を続けると被覆が熱で水ぶくれのような状態になり大事故になることも考えられます。こちらはジョイント箇所から分岐しているVVF1.6-2CからVVF2.0-2C(太い電線)に改修しました。

 

浴室換気乾燥機300×400開口

300×400の開口寸法です。各メーカー共、寸法が違うため交換の場合は必然と同じメーカーになります。

 

パナソニックFY-13UG6V本体取付

パナソニックFY-13UG6V(100V / 1.25坪仕様)のバス換気乾燥機本体を取付けた所です。右側ヒーター部分がルーバーになっているためフロントパネル裏側が焼けるようなことはありません。

 

FY-13UG6Vフロントパネル

見た目もスッキリきれいになりました。

 

パナソニックGVL5300Aリモコン

既設GVL5300A脱衣室リモコンです。

 

浴室換気乾燥機リモコン信号線

脱衣室リモコンを取外して黒い信号線を入替えたところです。

 

パナソニックFY-13UG6V試運転

パナソニックFY-13UG6Vバス換気乾燥機のリモコンを取付けて試運転を行い工事完了です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ