【大阪市浪速区】先行取付けのトイレ換気扇交換

大阪市浪速区のお客様より先行取付けされているトイレと洗面所を換気する二部屋換気扇交換のご依頼をいただきました。

先行取付けとは天井埋込換気扇を天井材よりも先行して取付けられている状態のことです。

先行取付けされていない場合は固定してあるビスを外して本体を下側に引っ張ると取外せますが、先行取付けの場合は換気扇本体のツバの部分を天井材で四方を覆われているため取外し出来るように四方カットすることが最も困難な作業です。

まず、本体のツバ部分を覆っている天井材をカットするのに切取り寸法を罫書きますが、少しでもツバの部分に天井材が残っていると引っかかって本体を引き下げられず、逆に大きめにカットすると本体の回りに隙間が出て吸込みに影響を及ぼすことがあるのでカット寸法を罫書くのが、ひじょうに難しい作業になります。

慎重に罫書き作業を行いジグソーパズルのピースのように天井ボードをカットして天井埋込換気扇を取外したあとは普段の取替え作業に移ります。

エコサポートにご依頼下さり誠にありがとうございました。

施工地域:大阪市浪速区 M様邸【分譲マンション】
工事内容:2部屋用トイレ埋込換気扇交換及び天井材開口
故障品番:三菱 VD-15ZFC2(埋込寸法260mm角・適合パイプΦ100mm)
交換機種:三菱 VD-15ZFC10 (二部屋用換気扇) 定価¥25,920円(税込)

 

先行取付けの換気扇

天井材よりも換気扇本体を先行取付けしてあるため、この状態からでは取外しが出来ません。(追加工事が必要)

 

天井材開口準備

換気扇本体取外しに必要な寸法を罫書いてから天井材を切り取る準備を行っていますが、丁度良い寸法に合わせるのがひじょうに難しい作業になります。

 

天井ボート切り取り部分

芸術的なテクニックでジグソーパズルのように天井材を切り取った天井ボードのピースです(笑)

 

天井材開口部分切り取り後

固定してあるビス4箇所を外して下側に引っ張ると本体が外れます。

 

換気扇本体撤去

上側は洗面所に接続してあるダクト接続口、下側は外部の排気に接続しているダクト接続口ですが、そこそこホコリが堆積しています。

 

アルミダクトのホコリ

アルミダクトに付着しているホコリです。

 

アルミダクト清掃後

エコサポートの代名詞であるダクト清掃を行いピカピカにしてから本体を取付けます。

 

三菱VD-15ZFC10取付け

二部屋用換気扇本体を取付けて完了です。

 

サブコンテンツ

このページの先頭へ